Event is FINISHED

【9/13「中秋の名月」夜開催!】人類の宇宙進出に求められるマーケティングとは?! ~月のマーケティングから月面フードまで~

Description

今年はアポロ11号の人類初の月面着陸から50周年。
その中秋の名月である9/13のフライデーナイトに、カフェ&バー形式でこれからの月探査プロジェクトについて、「マーケティング」視点を中心に語り合うトークセッションイベント。

前半は『月をマーケティングする(日経BP社発行)』を題材としながら、これからの月ミッションや月面ビジネスの推進にあたりマーケティングがどのような役割を果たすか、多彩なパネラーによるパネルディスカッションを通じて考えます。
後半は、具体的なテーマとして、今年3月に発足した世界初の宇宙食料マーケット創出を目指す「Space Food X」のメンバーらも招き、「月面×フード×マーケティング」をテーマとしたセッションを行います。

ドリンクもご用意しておりますので、気軽にご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■人類の宇宙進出に求められるマーケティングとは?!
 ~月のマーケティングから月面フードまで~

日 時:9/13(金)18:45-20:45  (受付18:15~)
    (終了後、ネットワーキング~21:30頃)
場 所:宇宙ビジネス拠点・X-NIHONBASHI(最寄駅:三越前駅)
主 催:宇宙航空マーケティング研究会、Space Food X、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
協 力:ABLab
対 象:宇宙ビジネスやマーケティングに興味のあるビジネスマン、将来この分野を志す学生、など
定 員:50名程度
参加費:1,000円(飲食代として)※飲み物(フリードリンク、アルコール類)&おつまみ等を準備

プログラム:  
(進行)榎本麗美

18:45-18:55  本イベントの趣旨、及び「月をマーケティングする(日経BP社発行)」の概要紹介
湊 宣明(立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科/宇宙航空マーケティング研究会リーダー)

18:55-19:40 【パネル①】アポロ計画から学ぶ、日本が月を目指すために必要なマーケティングとは?
竹内 靖朗(日経BP『月をマーケティングする』担当編集者)
佐藤 将史(一般社団法人SPACETIDE)
落合 美佳(JAXA国際宇宙探査センター)
荒井 誠 (電通宇宙ラボ/宇宙航空マーケティング研究会)
湊 宣明 (立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科) ※モデレーター

19:45-20:30【パネル②】月面×フード×マーケティング~人類は月で何を食べるのか、食が月面ビジネスをリードする?~
小正 瑞季(リアルテックファンド/Space Food X代表)
増田 拓也(株式会社シグマクシス)
浅野 高光(株式会社ワンテーブル/株式会社エムエスディ)
榎本 麗美(宇宙ビジネスを応援する宇宙キャスター/星空準案内人)
菊池 優太(JAXA新事業促進部/宇宙航空マーケティング研究会)※モデレーター

20:30‐ お知らせ、クロージング
ABLabからのお知らせ、他

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

月をマーケティングする~アポロ計画と史上最大の広報作戦~(日経BP社発行)


2040年の月面基地での食卓イメージ
(画像:Space Food X)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■留意事項
・当日のイベントでは、主催者、メディア等によるカメラ、ビデオ撮影を行う予定です。主催者の広報目的、及びメディアによる報道目的で使用する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


<関連リンク>
宇宙航空マーケティング研究会
Space Food X
JAXA共創型研究開発プログラム[J-SPARC]
宇宙ビジネスコミュニティ/ABLab

(以 上)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#465953 2019-08-26 05:11:55
More updates
Fri Sep 13, 2019
6:15 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
宇宙ビジネス拠点(X-NIHONBASHI)
Tickets
一般(ドリンク、おつまみ付) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル7階 Japan
Organizer
J-SPARC [JAXA]
239 Followers